お店検索

グルメ情報

ラーメン情報

読み物コーナー

算数のお勉強

英語のお勉強

求人情報

4コマまんが

マジックコーナー

掲示板

広告掲載のご案内

HOME

Mai
lメール



年金について思うこと


 相次ぐ年金の記録漏れ問題、また膨大な不良債権化した施設など、全くもってあいた口がふさがらない社会保険庁ですが、年金制度の最大の欠陥は、私の個人的な経験から言いますと年金をあまりにも企業に依存しすぎた結果なのではないかと思っています。

身から出たさびとはいえ、一流企業にも就職できず、やむなく自営の道を歩まざるを得なくなった私ですが、就職活動中、新聞の求人欄に載っている"社保完"というなんとも甘美な響き、そうだ!起業したからにはこれは取り入れようと思ってきました。

今から十数年前念願かなって私の会社も厚生年金と健康保険に加入。やれやれやっと一人前になれたと思ったつかの間、私を含めた4人分の社会保険料が重くのしかかってきたのです。

企業が個人の年金を半分負担するという制度は役所や一流企業にはそれに耐えるだけの体力があるのですが、私共のような数千円の商売しかしていない零細企業ではとても無理だったのです。

そのころ、よく社会保険料が払えずに倒産してしまう中小企業のことをよく耳にしました。その後私のところでは社員もいなくなり、またもとの私一人に戻ったのですが、あのころ使った多額なお金は一体何だったのだろうかと思うこの頃です。

現在では社員の社会保険を徴収しておきながら国に収めない不届きな企業も多々あるそうです。
私はあと2年で年金をもらえる年齢になるのですが、つい数年前まで年金なんか受け取らないと豪語していた私がもう受け取る気持ちでいるのです。げに人間の金銭欲とは恐ろしいものです。