お店検索

グルメ情報

ラーメン情報

読み物コーナー

算数のお勉強

英語のお勉強

求人情報

4コマまんが

マジックコーナー

掲示板

広告掲載のご案内

HOME

Mai
lメール

   

鈴蘭 (2001/3/24更新)


 今回紹介するお店は、駅から青梅街道四面道を超えて左側にある「花花」です。前に何回か入ったことがありますが、最近特に多く通うようになったお店です。

 数ヶ月前でしたか、何かのひょうしで帰りが遅くなり(夜12時頃)、このまま家に帰るには寂しいし、かといって食事は済ませてある。ビールの一本でも飲んで帰りたいと、もう1人の仲間と話しておりました。こうゆう時、荻窪は困っちゃうんです。夜中に落ち着いて飲めるところがないのです。

 あ〜そうだ。花花なら少し飲める。お腹はすいていないのでメンは頼む気にはなれない。
自動販売機で餃子(300円)一つとビール2本を買って、カウンターにおそるおそる出す。
お店の人はにとつもいやな顔をせず、ビールを出してくれる。
これで安心したのか、話もかきょうに入り、ビール8本、餃子2皿で3時間もいついてしまい、気がついたら外は白んでいました。お店の人ごめんなさい。

 カウンターだけの10名程度が入れるお店、若い(30前でしょう)人のよさそうなあんちゃんが1人できりもりしています。(もっとも昼間は知りません。)ラーメンはずっと前にしか食べていないので忘れましたが、この間食べたツケソバ(醤油スープととんこつ白だくスープの2種類)から推察すると、メンは中太たまごメン、スープはとんこつがベースですがにごっていません。こってり系統のラーメンなので若い人向きです。

 客層も若いカップル、一人客、2,3人連れの飲み屋の帰り客など多彩で、年っぽい人も若い人もぶらっと入っても違和感がありません。
しかし、このお店のあんちゃんは人間ができている。むだ口をたたかず、もくもくとマイペースで働く姿には頭が下がります。そして、しばらく行かないと顔を見たくなるのですから・・・・・このお店はこのあんちゃんがいる限り、安泰です。


戻る