お店検索

グルメ情報

ラーメン情報

読み物コーナー

算数のお勉強

英語のお勉強

求人情報

4コマまんが

マジックコーナー

掲示板

広告掲載のご案内

HOME

Mai
lメール

   

丸長その2 
(2002/3/16更新)


 前号では、お客さんはつけめん派とラーメン派に分かれ、つけめんについて書いたのですが、実は私はラーメン派なのです。
それも最初はラーメン(600円)、次にワンタンメン(700円か750円)、大盛りラーメン(700円)、そして今はラーメンたけのこ入り(700円)と好みが少しずつ変わってまいりました。

メンはしこしこした太メン、スープはカツオとブタをベースとしたしょう油味です。それに大きく切ったチャーシュー、長く煮込んだメンマ、ノリなどが入っています。ラーメンもワンタンメンも大盛りもみんな同じようなものじゃないかとお思いでしょうが、微妙に味が違います。
このラーメンはしょう油がとてもきつく、からいのです。そこで、ワンタンメンにすると、少しスープのしょう油味が薄まりちょうどよい味になるわけです。ただこのワンタンも先にゆでてしょう油のスープに入れてから、メンをあとで入れるので、ワンタンがメンの下に隠れてしまい、ワンタンメンを食べた気がしない。
さらに調理するのに時間がかかるのでワンタンの皮がやわらかくなって、肉の部分だけの丸いようなワンタンになり、どろどろとした皮やメンをいっしょに食べることになり、とても食べ心地が悪いのです。

どうしてもワンタンメンは駅前丸信のイメージが強く、メンをスープに入れてからワンタンをメンの上にのせてもらえばどんなにいいかと思います。(お店の人ごめんなさい。)
次に注文が多くなったのは、大盛りラーメン。このラーメンは普通盛りでもかなりの量があるのですが、大盛りはその上にメンを半分くらいのせてあります。実は上にのせたメンがミソなのです。このメンはスープの吸収力が強く、スープの中に入っているメンもしょう油味がきつくなるのですが、大盛りの場合、上の部分はメンがスープにさらされておらず、そのメンをスープにつけて食べるとちょうどよいからさになるのです。この味は絶品です!!
ただし、この上にあるメンをスープに混ぜて、掻きまわしてはいけません。メンに付着物(粉のようなもの)が多くスープがにごってしまうからです。(メンをゆでるのに一回ごとに湯を変えているほどです。)
あくまでもスープにさらっとつける程度で慎重に食べなければばりません。最近は大盛りを食べる程元気がないので、もっぱらラーメンタケノコ入りを注文しています。
これはメニューにのっていないので、注文するのに少し勇気がいりますが(つけそばタケノコ入りはメニューにのっています。)、タケノコ一皿(250円か300円)と同じ分量くらいのメンマをラーメンの上にのせてくれます。メンマも独特のしぶとく、濃い味でやみつきになります。時間は一回作るのに最低30分はかかります。何、最近は全然気になりません。
すもうの立会いを見ているようなもので、ビールを飲みながら、待てば待つほどおいしいというものだ。

 

戻る