お店検索

グルメ情報

ラーメン情報

読み物コーナー

算数のお勉強

英語のお勉強

求人情報

4コマまんが

マジックコーナー

掲示板

広告掲載のご案内

HOME

Mai
lメール

   

丸長その1 
(2002/2/5更新)


 そろそろ書くお店もなくなってきたみたいです。
そこで今日は禁をやぶり、有名店を書くことにします。

今回は丸長です。
場所は南口を出て、線路沿いの道を阿佐ヶ谷方面に向かい、2,3分ほどした道の右側にあります。丸長は、私がかなり大人になってから知ったお店です。とはいっても、もう20年くらいたつかもしれません。

夏だったので、友達と冷やし中華を注文しました。ビールを一本たのんでゆっくりしていたのですが、一向に出てきません。一時間くらい待って(誇張ではありません)、やっと出てきたのですが、注文を忘れていた訳ではなかったのです。その後、何回か行くうちに、冷やし中華は一番最後に作るメニューだと知りました。

お店をきりもりしているのは、誠実そうで無口な御主人と奥さんの二人きり。お二人とも余計なため口を聞かず、もくもくと仕事をこなしていく姿は、私にはとっても好感がもてます。御主人がメンのゆで加減や料理を担当し、奥さんが注文や後片付けをしています。

驚かされるのは、二人の連携プレイ。あれほど多い注文を二人ともあまり言葉を交わさずに、間違ったのを見たことがないことです。 お客さんは、つけめん派とラーメン派にわかれます。お客さんの6割方がつけめんを注文しています。

メンは野太いしこしこメン、つけ汁はカツオとブタをベースとしたダシのしょうゆ味、酢もかなり入ってます。その中にチャーシュー、メンマ、きざみねぎなどが、山盛りに入っていて、メンを入れる余地がないほどです。
仕方ないので最初は、ビールのつまみにそれらの具を半分ほどにし、それからあの野太いメンを一気にかっくらう。そして最後には、残った少ないつけ汁に御主人からひしゃくで熱いスープをつぎたしてもらう。(おそば屋さんのそば湯と同じです。みんなこれほしさに、注文しているのかもしれません。)ああ、身も心もぐったり!!
さあて、帰って昼寝でもしようかしら。

(補足) 1.大事な値段を忘れてしまいました。つけめん一枚650円。つけめん一杯でもお腹一杯になります。
2.いつ行っても混んでいて、特に休日は、並ばなければなりません。(混んでいるというより、作っている時間が長い。)ねらい目は、平日の夕方の開店時かもしれません。その時間にあまり行っていないので確かではありませんが。(水曜日定休日)
3.待つのは覚悟して下さい。

 

戻る