お店検索

グルメ情報

ラーメン情報

読み物コーナー

算数のお勉強

英語のお勉強

求人情報

4コマまんが

マジックコーナー

掲示板

広告掲載のご案内

HOME

Mai
lメール

   



(2007/2/24)

丸信本店(四面道そば)で料理を担当していた菊池さんが、北口に荻窪ラーメン菊地を開店しました。 

彼は丸信のたくさんいた職人さんたちの最後の生き残りです。 とは言っても彼は本店で働いていたので駅前店の職人さんたちと交流があったかどうかは定かではありません。彼はその中で一番若いと思われ、私にはどうしても"お兄さん"というイメージが抜けきれないのですが、その彼も今では充分立派なおじさんです。(私も同様ですが、、、)

場所は荻窪西口(北側)の道を西荻方面に1分ほど下った、ちょうど白山神社の真ん前にあります。確かここは中華の鵬楽があったところ。鵬楽の親父さんもついに隠退していまいましたか。 隣は荻窪ネットのスポンサー、ブティックの"かっぱや"さんです。

お店に入ると正にその菊池さんとお手伝いの若い男の方がカウンター越しに立ち働いていました。意外と混んでいます。

カウンターだけの6名も入ればいっぱいになってしまうお店です。メニューを見るとラーメン(600円)ワンタンメン(650円)つけ麺(?)などがあり、それぞれに白と黒となっていました。タンメン、もやしソバはありませんでした。私は丸信本店では広東麺が一番好きだったのですが、うーん残念!!(今は青梅街道の丸信も料理物はありません。)

彼によれば、小さいお店なので今のところ料理物は出さずラーメン専門店としてやっていくとのこと。それよりも女性に人気がある白(塩ラーメン)を出しているから一度試してくれという。

でも私は食べ物に関しては超保守的なので醤油のワンタンメン(黒)を注文しました。スープは丸信仕込みの鰹ベースのダシ。メンは丸信より細め。ワンタンはメンやスープを引き立たせるため控えめに、そしてのりのかわりのわかめにナルト。竹の子はほぼ丸信と同じ。全体的にはかなり上品なものに仕上がっていました。(反対に丸信はどんどん駅前のお店に近づいています。いい意味です。)

やはり丸信を意識し独自の味を出そうという意気込みが感じられました。独自の味といえば白、これも彼も研究のあとが伺われます。

後日、今度は私の奥さんを連れて行ったのですが、私は相変わらずワンタンメンの黒(あぶら強くと注文)、私の奥さんはラーメンの白を注文。隣の白をもらってすするとなかなか深みがあって女性好み。まだまだ開発中だとは思いますが(菊池さんごめんなさい)、なんといっても丸信の仕込を任された男。必ずや荻窪の味をだしてくれるにちがいない。彼に荻窪ラーメンの復活をお願いしたい。 (木曜日定休日、夜9時まで営業)


戻る