Topic4

 今回の英語は、ヨーロッパの国民性についてのお話です。

A:  The French cannot get the hang of standing in line. They try and try, but it is beyond them.
Wherever you go in Paris, you see orderly lines waiting at bus stops, but as soon as the bus pulls up,
the line instantly breaks up as everyone scrambles to be the first aboard, quite unaware that this
defeats the whole purpose of lining up.
B:  The British, on the other hand, do not understand certain fundamentals of eating, as evidenced by
their instinct to consume hamburgers with a knife and fork.
To my continuing amazement, many of them also turn their fork upside down and balance the food
on the back of it.
I've lived in England for a decade and a half and I still have to suppress an impulse to go up to
strangers in pubs and restaurants and say,
"Excuse me, can I give you a tip that'll help stop those peas bouncing all over the table?"
C: : The Germans are confused by humor, the Swiss have no concept of fun, the Spanish think there is
nothing at all ridiculous about eating dinner at midnight, and the Italians should never, ever have been
informed of the invention of the motorcar.

 第1週目は、Aの訳と解説をします。
The French cannot get the hang of standing in line.
 フランス人理解する列をつくって待つ

The French cannot get the hang of standing in line.
 フランス人理解する列をつくって待つ

Wherever you go in Paris, you see orderly lines waiting at bus stops, but as soon as the bus pulls up,
〜するところはどこでも 整然とした列 〜するとすぐに停車する
the line instantly breaks up as everyone scrambles to be the first aboard,
即座にばらばらになる先を争って〜する乗車して
quite unaware that this defeats the whole purpose of lining up.
気づかないで〜した意味がまったくない

 フランス人は列をつくって待つことが苦手である。 
彼らは何度も努力するのだが、それは彼らの能力を超えたことなのです。    
パリではどこに行っても、バス停の前に待っている整然とした列を見かけるが、バスが停車するとすぐに、皆が一番にとバスに乗り込み、列が瞬時に崩壊してしまう。 本人達は、それでは並んだ意味がまったくないのだということに全然気づいていない。


[文法・語句]

The French
cannot
get the hang of
standing in line.
 
(1)
(2)
(3)
 

(1)
"The French" フランス人、フランス国民(複数扱い)
  複数形のあるものは複数形で表す。   例:"the Germans"  "the Americans"
   
(2)
"get the hang of" 〜のこつをつかむ   "hang" こつ  "get the knack of" ともいう
  ハングマン(hangman)のhang(つるすこと)にはもう一つの意味があるのですね。
   
(3)
"standing in line" 動名詞   前置詞の目的語になります。
前置詞のあとには名詞がくるのでこれを動詞で言い表したいときには動詞を名詞化した動名詞を使うと憶えておけばよい。
この場合不定詞の名詞的用法は使えないことに注意 !!

They
try and try,
but
it
is
beyond
them.
 
 
(1)
(2)
(3)
 

(1)
"try and try " 動詞を2回重ねると動詞を強める働きがある。
  「何度も〜する」 「どんどん〜する」
   
(2)
"it " it はなにを指すのでしょう。よく出る問題ですね。
  答えは・・・・"( the idea ) of standing in line" を指します。
   
(3)
" beyond" 〜の範囲を超えて
例  "Such things are beyond my powers."
     ( そんなことは私の能力をこえています。)

Wherever
you
go in Paris,
you see orderly lines waiting at bus stops, but
as soon as
the bus pulls up,
(1)
(2)
(3)
the line instantly breaks up
as
everyone scrambles
to be the first aboard
 
(4)
(5)
 
quite
unaware that
this
defeats the whole purpose of
lining up.
(6)
(7)
(8)

(1)
"Whereve" 複合関係代名詞
  複合関係代名詞とは when, where, how にeverがついたかたちであるが、
  これらは接続詞と考えられることが多い。
    (a) 〜するところはどこでも(=at any place that〜)
      "Sit wherever you like." ( どこでも好きなところにおすわり )
    (b) どこで〜しても (譲歩) (=no matter where 〜)
      "Wherever you may go, I will follow you."
       (あなたがどこに行ってもついてゆきます。)
     
(2)

"go in Paris" ではありません。 "Wherever you go/in Paris" と切って考えてください。
(あなたがパリのどこに行っても)の意味
"you go wherever in Paris."としたいのだけれど、"wherever"は関係詞なので"go"の後に置けないので、
"go in Paris"とくっついてしまうのです。

(3)
"as soon as" 〜するやいなや
"As soon as I arrived at the station, the train started."
  ( 私が到着するとすぐに、電車は出発した)
   
hardly
scarcely
no sooner
when
before
than
 
I had
arrived at the station
the train left.
 
 
に書きかえられます。
    この場合 主節を過去完了、従属節に過去形を用いるのが特徴です。
    また hardly(scarcely), no sooner を文頭に持ってくると倒置の形になります。
    ・Hardly(Scaecely) had I arrived at the station, when (before) the train left.
    ・No sooner had I arrived at the station, than the train left.
     
(4) "as" "when" に近い意味です。
     
(5) "to be the first aboard" (= to be the first person to get on the bus)
     (バスに乗り込む最初の人になろうと………)
    "aboard"は「乗って」 の意味の副詞です。 "abroad" と間違えやすいですね。
     
(6) "be unaware that 節" (= be unaware of 〜)  気づかない
     
(7) "defeat the whole
"defeat" (人の計画、希望などを)くつがえす くじく
  purpose of  〜" "purpose" 目的
    列を作るというすべての目的をくつがえす。……….意訳 並んだ意味がまったくない。
     
(8) "lining up" 動名詞  前述のstanding in line に同じ

 後半の部分は文が長いですが、こうした長い文の場合細部の文法にとらわれず、頭から訳して いった方が意味はとりやすいですね。  
当然ネイテイブは、頭から理解しているのです。 我々日本人が本を読むときを同じように…………  

|英語のお勉強コーナーに戻る|